みずきの遊戯王ブログ

No

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No 1

テクニカルマラソンについて



2013年2月に初実装された
テクニカルダンジョン+卵ドロップ確率五倍のイベントも
前回の受賞イベントでついに五回目を迎えました

初実装時は
「もともと0に近い確率が五倍になっても意味がないのでは」
といった不安の声も多く聞こえましたが

プラスマラソンで多くの人が足繁く通う 天海神 や
+卵がドロップしやすいダンジョン ジュエルの塔 などと比較しても
その周回のしやすさや安定したドロップ率は引けをとらず

特に元来ドロップ率が1.5倍である月曜日においてのプラス効率は
その中でも群を抜いており
最近では24時間通してのマラソンをするユーザーも少なくありません

公式twitterでの
「同じテクニカルダンジョンでも難易度の高いダンジョンほどドロップがしやすい」
という発表に基づいて
当時最難関テクニカルダンジョンであった イーリス虹の丘 や

ホルスと並んで環境トップであったゼウスでそこそこの速度を出すことができた
タロス奈落穴 で多くの人が周回していました

その後
封印の塔~猛炎の塔までの新テクニカルダンジョンが実装し
テクニカルマラソンに新たな選択肢を投げかける形となりました

特に 猛炎の塔 の一階層 燃え盛る大翼 は
カグツチのLSで1~6Fの敵を焼き
7Fで火の歴龍・アードベッグのスキルを使いフェニックス二体を倒すという
フレンド無し実質1コンボを組み続けることで周回することが可能という
画期的なシステムが確立され

七月に歴龍が復刻した後の八月の上旬のテクニカル五倍イベントでは
多くの人がこのシステムを完成させて周回をしていました

また、その派生として
アイテール砂漠一階層 砂上のハンター を
カグツチの中に堕天使ルシファーを挟む形で
同じように周回する人も見受けられるようになりました

さらに、八月下旬にはアップデートによって
新要素「覚醒スキル」が実装され
テクニカルマラソンにおいてもその恩恵を受けることとなりました

それが、カラメタ(カラチョキ)ゲリラなどで注目を受けていた
通称「オーガシステム」を猛炎に適用させた
「猛炎オーガシステム」です。

アードベックを持っていなかったユーザーも
猛煙マラソンが可能になり、
期間中はフレンドの半分近くがカグツチで埋まるという事態になりました


ではどのダンジョンが一番時間効率がいいのか
という点について考察してみたいと思います

タロス五階層やアイテール砂漠五階層は
サタンやゼローグ、アテナや究極ヴァルキリーなどの登場により
安定してそこそこの速度で周回が可能になりましたが
獲得経験値こそ多いものの単にプラスを集めるという点については
他の選択肢に比べ大きく劣っています

また、アイテール一階層(タロス一階層)においては
ダブトパリット(ダブアメリット)の存在が高速周回の大きな障害となります

アイテールではリーダーとフレンドを闇カグツチとし、
中に闇闇の究極をルシファーを含め四体挟むことによって闇ドロップを消すだけで
ダブトパリットを倒すことができますが、フレンドの闇カグツチが相当数いたとしても
途中で再起動を要することにより時間のロスにつながります

また1コンボもままならないような状況下で
ターゲット指定をし、闇を消すことはかなり面倒です

さらに毎回ダブトパリットの存在の有無を確認してから
ドロップを消すこととなるので
前の階のカグツチのエフェクト中にドロップを持つことで
そのドロップだけ動かすことができるという小技も
実質使用不可となります

これらの理由から猛炎の塔のほうが
比較的楽に周回をすることができると考えられます


では猛炎の塔において現在使用されている
アードベックとオーガシステムは
一体どちらが適任であるのでしょうか


アードベックの利点は

副属性が付いていないことで
攻撃エフェクトが一切発生しない

であり、オーガの利点は

ボスをスキル二発で落とすことができる

大きく分けるとこの様になります。


一目見ると一長一短に思われがちですが
オーガには加えて以下のメリットがあります

今回僕はカグツチをリーダーに添え
SL2×2 SL1×2の氷のサムライオーガを用いて周回をしていましたが

カグツチを所持していないフレンドがカグツチ非所持の最速パーティとして
リーダーにオーガを置き中にもオーガを敷き詰め、フレンドのカグツチを
借りるというかたちで周回をしている人がフレンドに数人いました

そのオーガをフレンドとして利用する際に
フレンドオーガのスキルブーストが働き
カグツチのスキルではなく
オーガのストライクによって一階層を突破できるという場面がありました

カグツチのスキルによって敵を倒し
卵がドロップするとそれが震えるという謎仕様があります
(宝箱も同様に震え、そのモーションが特に長い)
これをオーガのスキルによって倒すことでなくすことができるため
かなりの時間短縮となります

さらに、自身のオーガをスキルマにすることで
3階層をオーガのスキルによって突破することが可能です

これはアードベックにはない大きな利点です

これらのことからオーガシステムは
アードベックよりも秀でていると考えられます


本来猛炎オーガシステムはフレンド無しで周回が可能ですが
フレンドの一番下に飛ぶ際に
「ガチャ」や「魔法石」といった項目に触れてしまい
大きな時間のロスとなってしまうため火属性のフレンドを
使用していました

タブレットなどの画面の大きな端末ではフレンドの一番下へ飛ぶ際の
判定範囲が広いためそちらのほうがいいかもしれません

また、フレンドIDを200人分控え、その旨を伝えたうえで
一旦すべて削除することによってフレンドを選択せず
ダンジョンに潜るという項目を一番上に持ってくることが可能ですが
先述した通り、フレンドのオーガを借りることで1ターンの短縮も
見込むことができるので、一概にそれが最良であるとは言い切れません

このほかにも
端末のスペックを上げることでスキルのエフェクトによる処理落ちをなくすこと、
ダンジョン潜入時やリザルト画面にはいるまえの暗転の時間を短くすることや

なるべく安定したWi-Fi回線の中に身を置くことで
通信エラーなどによるロスを無くすなどといった配慮をすることで
安定して20/h以上の速度を出すことができると考えられます

しかしtwitterではアイテール周回で500後半のスコアを
たたき出していた人もいましたので経験値が猛炎の
三倍以上である点から石を節約したいならアイテール周回もいいかもしれません


テクニカルでたくさんのプラスを集めることで
パーティが綺麗になっていいですよね

次のイベントまでにはオーガスキルマ作っておきたいと思います


最後まで読んでいただきありがとうございました




スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| みずきの遊戯王ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。